里センタースタッフブログ

秋保の「今」がわかる!

仙台の伝統的な門松を設置しました

秋保・里センター情報

仙台の伝統的な門松を設置しました

昨年に引き続き、里センターの正面玄関に「仙台の伝統的な門松」を設置しました。今年で2回目の設置となるこの門松について、少しご紹介致します♪

かつて仙台城や城下町などに飾られていたこの「仙台の伝統的な門松」は、東日本大震災後、仙台市博物館学芸員の方々が古文書を研究し復元したもので、これまで、仙台の歴史や文化を幅広く紹介する施設「仙台歴史ミュージアムネットワーク(歴ネット)」の数施設で展示されてきましたが、四年前より「一般社団法人心のふるさと創生会議(仙台市)」の皆さんが中心となり、郷土の伝統的な門松の復活・普及を願うプロジェクトを始めました。今では賛同する市内の企業、施設も増え、新春の仙台で藩政時代の面影を見ることができるようになりました。

先人が築き上げた文化を伝えるために、この「仙台の伝統的な門松」を当センターでも飾っています。藁や松、竹、栗材の提供、ケンダイと呼ばれる注連縄の綯い方など、様々な方のご協力・ご指導のもと、職員が手づくりしたものです。

門松は1月14日(土)正午まで設置しています。お立ち寄りの際はぜひご覧下さい。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2024 里センタースタッフブログ

テーマの著者 Anders Norén