秋保工芸の里

玩愚庵こけし屋

玩愚庵こけし屋
TEL/FAX
TEL:022-398-2673 FAX:022-398-2673
営業時間
9:00~17:00
定休日
火曜日
体験学習
希望により受付いたします。(要予約)

作並系の伝統こけし(胞吉こけし)を中心とした木地玩具。 「胞吉こけし」は黒と赤の2色だけの大胆な描彩で清純さと渋さが交じりあい、 こけし愛好家からは"幻のこけし"と呼ばれていましたが、祖父(清)、 父(昭二)が復元したその型を継承しながら、現代の個性を取り入れた木地玩具も並行して製作。 作者の"常に新しいもの"に向かう姿勢と優しさが、作品ひとつひとつの心あたたまる表情に浮かび上がります。 祖父、父、子の三代に受け継がれた伝統の先に息づく現代の豊かな個性を、 ぜひ実際に手に取ってお確かめください。

鈴木 明鈴木 明
昭和35年仙台市生まれ。父を師に胞吉こけしの指導を受ける。 全日本こけしコンクールでは平成3年「農林水産大臣賞」、 平成5年「運輸大臣賞」、平成27年には「内閣総理大臣賞」を受賞。

前のページに戻る
ページの先頭へ戻る