秋保工芸の里

熊野洞

熊野洞
TEL/FAX
TEL:022-398-2661 FAX:022-397-2756
営業時間
8:00~17:00
定休日
不定休(12月~3月:日曜日と第三月曜日)
体験学習
希望により受付いたします。(要予約)
ホームページ
http://sendai-kumanodou.com/

「仙台箪笥」は欅の木目を生かした"仙台木地蝋塗"の地元特産品で、全国でも高い工芸評価を受けています。 元々、太刀や羽織を入れる箪笥でしたが、用途に合わせて様々な種類に発展し、 趣味のタンスとしても愛用されています。正面の舞錺金具はもちろん、引き手、隅金具に至るまで、 そのひとつひとつが細かい工程を経た手打ちのもの。黒漆焼き付け塗装でしっかりと取り付けられています。 また、抽斗は日本産桐の白木づくりで、男性的な外観と対照的な柔らかいぬくもりが感じられます。 『熊野洞』では、曾祖父の代より続く匠の技を今に伝え、漆樹栽培、採取製漆、木地、 きゅう漆(うるし塗り)、錺金具まで一貫した手作りで"本物"にこだわり続けています。 次の時代に受け継がれる物作り、それが『熊野洞』の心です。

熊野 彰熊野 彰
昭和32年仙台市生まれ。仙台箪笥職人。父・廣に師事し、仙台箪笥の全制作工程を受け継ぐ。匠の技を生かし、日本の伝統技術の継承と革新に取り組んでいる。箪笥の修理、普段使いの漆器の提案を行いながら、漆芸教室も展開している。

前のページに戻る
ページの先頭へ戻る