秋保工芸の里

御独楽處廣井

御独楽處廣井
TEL/FAX
TEL:022-398-2770
営業時間
9:00~17:00
定休日
不定休
体験学習
希望により受付いたします。(要予約)

「江戸独楽」のルーツは元禄年間、江戸を中心に人気を博した「曲独楽」。 それが除々に様式化され、市民の間に広まったのが家族みんなで遊べる「お座敷ごま」。 明治、大正、昭和と受け継がれた先代からの技術は、粋で酒落のきいたユーモラスな形で私達を引き込みます。 置き物かと見まごう色鮮やかな木地玩具、その飾りのひとつひとつが、全部回る"こま"。 ショーケースには旬に合わせて、季節のこまが並びます。 題材も、干支に縁起物、おとぎ話に流行の動物まで多種多彩。 何気ない小さな作品にも確かな職人技と小意気な遊び心が生きています。 一度この「独楽處」に足を踏み入れてみて下さい。作品のからくりを説明してくれる軽妙な会話の中で、 大人もすぐ子供に戻る楽しいひとときが待っているはず。

廣井 道顕廣井 道顕
昭和8年東京・亀戸(大島)生まれ。代々続いた江戸独楽づくりの家に育ち、戦後仙台へ。 横浜で活動する弟の政昭と共に江戸独楽の稀少な伝統を継承。 現在は秋保を拠点とし、弟子達と共にその世界を追求、発展させている。

前のページに戻る
ページの先頭へ戻る