秋保工芸の里

我妻こけし

我妻こけし
TEL/FAX
TEL:022-398-2327 FAX:022-398-2327
営業時間
9:00~17:00
定休日
不定休

『遠刈田系』のこけしでは第一人者である我妻吉助のこけしを中心に、 親子三代で受け継ぐ『我妻こけし』。伝統こけしは「ロクロ」という機械で作られますが、 この伝統の技を使って作られる「ロクロの器」や木地玩具も、木が持つ本来のやさしさやぬくもりが伝わって来るものばかり。 欅や槐、桑、栓などのさまざまな材料を、木の特性や色を知り尽くした長年の経験と、 寸分くるわない匠の技で丁寧に作り上げて行きます。店頭にはこけしはもちろんのこと、 盆、椀、茶筒、銘々皿などが美しく並びます。また、筆を休めておく槐の「筆下げ」、 縁起物の"大きな"小槌など、ここでしか出会えない独創的な作品やも魅力のひとつ。 時を経るごとに愛着が湧く作品の数々に見て、触れて、その底辺に流れる本物の工人の心を感じて下さい。

我妻 吉助・敏・真人我妻 敏
昭和25年仙台市生まれ。こけし工人。遠刈田系 こけし工人の第一人者であった父・吉助に師事し、遠刈田系松之進型をベースとした本格的なこけしを作り始める。常に『簡素化の美』を追求し、こけしの他、器や椀、盆や箸等の漆器の制作も手掛けている。

前のページに戻る
ページの先頭へ戻る