秋保工芸の里

埋もれ木

埋もれ木
TEL/FAX
TEL:022-398-2803 FAX:022-398-2803
営業時間
9:00~17:00
定休日
不定休

埋もれ木は仙台市の青葉山、八木山一帯の亜炭層から発掘された全国でも珍しい工芸資材。 現在では採取されていない、約五百万年も前の稀少な樹木が、眠りから覚めた様に今日の"埋もれ木細工"として蘇ります。 作品は「刳物技法」によって作られ、文字通り一枚の埋もれ木を刳り抜いて形にする賛沢なもの。 美しい木目を表現するために「拭漆」の作業を八回も繰り返し、一点一点丁寧に仕上げて行きます。 茶道具から、香合、花器、短冊箱など、どの作品も素材の持つ深い気品と趣、そして作者の自信が満ちあふれているものばかり。 『用と美』にこだわり、より質を重視した作品づくりを通じて日本工芸会正会員の認定も受け、活動の幅も広げています。

小竹 孝小竹 孝
昭和19年仙台市生まれ。埋もれ木細工職人の「最後の砦」として、仙台の伝統工芸をリードしている。昭和59年「第24回伝統工芸新作展 日本工芸会東日本支部賞」、昭和61年「宮城県芸術選奨受賞」等、受賞多数。

前のページに戻る
ページの先頭へ戻る