歴史

二口に広がる磐司磐三郎伝説

 磐司磐三郎にまつわる伝説は、秋保と山寺を両端にした二口山塊を最大の舞台として古くから語り継がれている。その片鱗は栃木県より以北奥羽山脈沿い、秋田岩手にまたがる山村集落にもおよび、各地でさまざまな諸説がまとめられている。 何れの説もおおむね共通しているのは、東北山岳民俗の首長として伝説の舞台に登場し古代東北人の英雄として、或いは山神として語り継がれていることにある。 以下は二口山塊の伝説を中心に、磐司磐三郎(兄弟)という人物を浮き彫りにし、生きた時代を想定するものである。


1.1 生い立ち(秋保二口磐次郎磐三郎説)

磐司岩
磐司磐三郎伝説最大の聖地 磐司岩
 その昔小東峠を越えて大行沢添い杣道を下ってくる二人の旅姿の女があった。その一人は主で連れの女は乳母のように見受けられた。しばらく下り東山(大東岳)から流れてくる渓流(京淵沢)に出会ったので喉をうるおし、休息をしていたところ突然姫が激しい腹痛を訴えた。乳母は薬を求めて来た道を引き返し、聚落(集落)へ向かった。残された姫は悶え苦しんでいたが、ふと見ると異様な怪人がそばにいた。姫は殺されるものと観念し、失神した。
 時しばらくして乳母が戻ったときに姫の姿はなく、呼べど探せどどこにもいない。にわかに孤独と別離の悔恨に平常心を失い、フラフラと滝(梯子滝)に身を投げてしまったという。
 一方失神した姫が再び目を覚ますと木の葉を敷いた洞窟(裏磐司千人洞と伝う)にいることがわかった。不思議なことに腹痛はすっかり癒えていた。空腹を覚えてあたりを見回すとあの怪人が近ずいてくる。驚きのあまり逃れようとしたが、外には猿がいて中を覗いていた。決心して怪人の方をこわごわと見ると、その怪人は全身を白銀で被われた大猿である。しかし危害を加える様子もなく大きな手に木の実を盛って食べろと差し出していた。恐る恐るその一つを食べてみると何とも言えない甘酸っぱい美味しさである。 それから姫は群猿にかしずかれて大猿との奇妙な山窟の生活が始まり、やがて二人の間に生まれたのが磐次郎磐三郎の兄弟である。共に山野渓谷を身軽に飛歩き、のち山神に祀られた。

地図
ページの先頭へ戻る