磐司磐三郎物語

あとがき

さて・・・・・
 実のところつたない今回の取材で、今日奥羽山地の集落に残るこの雄大な磐司磐三郎伝説を組み合わせ一元化してみようという浅はかな考えに何度かさいなまれたが・・・ しかし伝説を一元化するなどというばかげた仮説をたてること事態、愚かなことで、伝説は各地の風土と民族文化にあってこそ生きるものであるからそういう作業は中止した。(・・・当然でしょうね)

参考図書

ページの先頭へ戻る